カジノで勝ちたいと思う人は多いでしょうが、多くの人が財布の中身が空になって終わるというという経験をしたことがあるのではないでしょうか。現実はそういった方が多いのかもしれませんが、しかしながら、カジノゲームの特にブラックジャックなどは、財布の中身が空になって終わるということは本当に長時間プレーしない限りほぼ起こらないようにできているゲームです。

なぜそのようなカジノのブラックジャックのようなゲームで、財布の中身が空になって終わるというような人が多いのかというと、適切な資金管理が出来ていないのが原因です。要するに賭け方に問題があるケースが多いです。

大数の法則はご存知でしょうか。カジノは運営者側が勝つことが出来るゲームだといわれている要因は、この大数の法則が作用するからだといわれています。しかしながら、ビットカジノのようなブラックジャックのゲームは、控除率は95パーセント前後だといわれており、1000円を賭けると950円が理論上戻ってくるゲームです。参加者側は、たった50円しか損をしないように理論上できています。

それも大数の法則が作用した場合に限った話であり、その大数の法則が作用するまでに長い時間やプレーの数が必要になってきます。ビットカジノのブラックジャックを含めてカジノのゲームは運営者側と参加者側がほぼ対等に戦えるゲームといえます。

そんな対等なゲームであるにも関わらず、初期に用意した軍資金の大半をなくす人が多いのは、賭け方に問題があるケースがほとんどであり、逆に言うと賭け方を工夫すれば運営者側とほぼ対等なゲームを展開できます。

まず考えなければいけないのが、初期に用意した軍資金に対して一回に賭ける金額を決めることです。その金額が大きすぎると連敗が続くと耐えることが出来なくなるために、出来る限り初期の費用は小さめの金額に設定する必要があります。そうすることで悪い流れが続いた際も、軍資金に対して少ない金額の負けで耐えることができるために、いい流れまで破産することなく、資金を確保していくことが可能です。

ビットカジノのブラックジャックもそうですが、賭け金をプレー毎に変えることは参加者に与えられた権利です。ビットカジノでのブラックジャックをプレーする時は、初期費用に対して一回に賭ける金額を少なく設定して、悪い流れの時には耐えて、いい流れまで資金が尽きないように工夫することで、勝ちに近づきます。