ビットカジノは、ビットコインを使ってゲームが楽しめる便利なオンラインカジノです。本人確認手続き不要で、アカウント登録も最短15秒ですぐに参加できます。また、ゲームの種類が豊富なのも大きな魅力です。ルーレットやスロットといった定番ゲームはもちろん、臨場感たっぷりなライブカジノも充実しています。スポーツブックも用意されているので、サッカーやバスケットボール等の試合を楽しみながら贔屓のチームに賭けたりすることも可能です。

ビットカジノで遊べるゲームの中でも、特に人気の高いコンテンツの1つがブラックジャックです。テーブルゲームとして機械と対戦することもできますし、ライブカジノで本物のディーラーを相手に実際のカジノさながらの駆け引きを楽しむことも可能です。ビットカジノでは、いずれもビットコインをそのままチップに代えてプレーすることができます。

ブラックジャックはカードゲームの一種で、ジョーカーを除いた52枚のトランプを使ってプレーします。プレーヤーとディーラーが順番に札を引いていき、数の合計が21に近い方が勝つというのが基本ルールです。ただし21を超えてしまったらその時点で負けです。もしプレーヤーとディーラーの数が同じになった時は、引いた枚数が少ない方が勝ちとなります。

数の数え方に関するルールは次の通りです。まず、2から10までの数字が振られた札は、その数字をそのままカウントします。次に、J・Q・Kのいわゆる絵札はすべて10としてカウントします。そしてエースは、1もしくは11のどちらか有利な方でカウントして構いません。たとえば6とKの2枚の札を引いたとしたら、合計は16となります。次にもう1枚引いた札がエースだったら、これを11と数えると合計が27となって21を超えてしまうので、1と数えて16+1の合計17が手持ちの数字になる、といった具合です。

ゲームの進め方に関するルールは複雑なので詳述しませんが、まずはプレーヤーとディーラーそれぞれに2枚ずつ札が配られます。この時、ディーラー側の手札は1枚だけオープンになっています。プレーヤーはそれを見て相手の合計数を推測しながら、さらに札を引くかどうかを選択します。ビットカジノでブラックジャックをプレーする時は、こうした選択は画面上のボタンで行います。札を1枚追加する時はHit、追加せずに持ち札で勝負する時はStandと、それぞれ該当するボタンをクリックします。