多くの人が夢中になっているカジノゲームのひとつにバカラがあります。日本でも著名人がマカオのカジノに週末に飛行機を使って直行便で行って、月曜日に直行便で帰ってくるような生活や、シンガポールに在住しているような日本人がカジノのバカラで勝っているというような情報が日本でも流れています。

そんなバカラのゲームですが、勝ち方はあるのかというと必勝法といったような情報は出回ってはいないのではないでしょうか。ビットカジノを含めてどのカジノでもバカラの絶対的な勝ち方があるといった情報は出回っていないように思います。

しかしながら、一般の人が気づいていないバカラゲームの攻略法が存在する可能性は否定できません。現にブラックジャックでは必勝法が編み出されており、カジノ側も対策に躍起になっているような状態です。ビットカジノに限った話ではありませんが、バカラで勝つにはよく波を読むことが大切だといわれております。

バカラの波とは、プレイヤーが何連続続けば次はバンカーがくるといったことやバンカーが何連続続けば次はプレイヤーがくるといったようなリズムを読むことです。実際にそれぞれのゲームは独立しており、前にプレイヤーがこようが前にバンカーがこようが関係ないと数学的には言われていますが、どのバカラのテーブルにも出目が記録されたモニターが設置されているところをみるともしかしたら何かあるのかもしれんません。

また、テーブル毎に波が違うといったことをいう人もいます。ビットカジノでもゲーム内容毎に波があるのかもしれませんが、テーブル毎の癖があるというようなことをいう人も存在します。数学的には、癖も波もないということが言われていますが、直感で感じる波や癖を信じている人もいます。

ビットカジノでも波や癖を読んでゲームを楽しんでいる人も多くいるかもしれません。特に、経営者やビジネスマンのような人はその時々の状況を読んで賭け金を上下させることによってゲームを支配することを楽しんでる人もいるようです。自分にとっていい波がきた時は賭け金を上げ、いい波がきていないと感じるときは賭け金を極力下げて、いい波がくるのを待つことをすることによって場を支配し、ゲームに勝つという目的を達成する快感を楽しんでいるというような声もあります。

経営者やビジネスマンは、いい波の時に大きく張り、悪い波の時に小さく張ることで自分の感性を磨いているのかもしれません。