ビットカジノは、仮想通貨を使ってさまざまなゲームが楽しめるオンラインカジノです。ゲームの種類も多く、ルーレットやブラックジャック、バカラ、スロットマシーンといった実際のカジノでの定番ゲームから、オンラインカジノならではのオリジナルなものまで多彩です。また、ルーレット1つを取ってみてもビットカジノには非常にたくさんの種類が用意されているので、色々な場面設定で楽しむことができます。

ビットカジノにおけるルーレットのルールは、基本的には実際のカジノで行われているものと同じです。円周にランダムな数字が並んだホイールをディーラーが回し、そこにボールを投入します。プレーヤーはそのボールがどの数字に止まるかを予想してベットします。
このホイールには、ヨーロピアンタイプとアメリカンタイプの2種類があります。どちらも0から36までの数字が使われており、0が緑に、1から36までが赤か黒かのいずれかに色分けされている点は同じですが、アメリカンタイプの場合はさらに緑の00がプラスされており、使われる数字がヨーロピアンタイプより1つ多い点が違います。

ベットのルールはどちらのタイプも同じです。数字が表示されたテーブルにチップを置いていくことでゲームに参加しますが、置き方にいくつかの種類があります。最もシンプルなのは予想した1つの数字に直接ベットするやり方で、これをストレートアップベットと言います。

また、隣り合う2つの数字の中間にチップを置くと、2つのうちどちらの数字にボールが止まっても的中となります。これをスプリットベットと言います。以下、1列に並んだ3つの数字に賭ける、1つの角に集まった4つの数字に賭けるなどのやり方があります。ベットの対象となる数が少ないほど的中した時の配当が高くなるように設定されており、たとえば4つの数字にベットするコーナーベットの場合は配当が9倍であるのに対して、ストレートアップベットなら的中すれば36倍になって戻って来ます。

このように、特定の数字を予想することをインサイドベットと言いますが、ルーレットではこの他に数字の特徴や属性等を予想するやり方もあり、ビットカジノでもこのルールが採用されています。これをアウトサイドベットと言います。たとえばボールが赤と黒のどちらに止まるか、偶数と奇数のどちらに止まるかといった賭け方があり、配当が低くなる代わりに的中率はインサイドベットよりも高くなります。